向上心を持つことが、プロフェッショナルになるための秘訣

2009年入社
ディスクロージャー相談部
Y.Hさん

法定書類のチェックとアドバイスが、主な仕事

私が所属しているディスクロージャー相談部の会社法グループは、企業の情報開示を支援する業務のうち、会社法関連の法定資料の作成・チェック・アドバイスを専門に行っています。

例えば、「株主総会招集通知」という書類があります。これは企業が株主総会の開催を各株主に向けて通知するもので、開催日時、企業の一年間の業績、役員の人数や報酬など記載すべきことが法律で詳細に決められています。そういった書類をお客さまである企業から預かり、ルール通りに書かれているか、記載事項に漏れやミスがないか、細部まで目を通して適切なアドバイスを行うのが私たちの役割です。

常にアンテナを張りめぐらせておくことが重要

法律の改正があれば、それに合わせて資料の作り方や記載事項にも変化が現れます。会社法の専門家である私たちは、当然そのような変化に真っ先に対応して、お客さまにアドバイスを行わなければいけません。

そこで日々、法改正に向けた新たな動きはないか、省庁のWebサイトや新聞、専門誌などを細かくチェックして、グループ内でも情報共有を心がけています。常に敏感に、情報をキャッチするアンテナを張っておくことが、私たちの仕事では重要です。

難しいことを、いかに分かりやすく伝えるか

お客さまから頼まれた資料を作成する際には、一つの作品を苦労して作り上げるようなクリエイティブな楽しさもあります。法律的な文章をそのまま盛り込んでも読む人にはなかなか伝わらないので、場合によっては文字の大きさを変える、字体を変える、図表を利用するなど、さまざまな工夫を凝らします。

難しいことをいかに分かりやすく、噛み砕いて表現できるかが作成のポイント。工夫を凝らして作った資料がお客さまの元に届き、喜んでいただいたときは、「やった!」と作り手冥利に尽きますね。お客さまに分かりやすく伝える技術は営業職の方たちの得意分野なので、作った資料を見せてもらって参考にすることもあります。

入社時に大切なのは、知識よりも向上心

ディスクロージャー相談部は、プロネクサスの中でも専門分野に特化したプロ意識が高い人たちが集まる部署。そんなふうに言うと、何となく敷居が高い印象を受けるかもしれませんが、私も含め、新卒で入社したときに必要な専門知識を身に付けている人はほとんどいません。

大切なのは、知識よりもまず向上心を持つことです。分からないことがあれば先輩に質問し、自主的に勉強する心構えさえ持っていれば、仕事に必要な知識は絶対に身に付きます。周りの先輩も頼もしいプロフェッショナルばかりなので、熱心に指導してくれますよ。特に探究心が旺盛で、「一つの分野をとことん突き詰めたい!」という職人気質の人は、ディスクロージャー相談部に向いていますね。そんな人とは、ぜひ一緒に働いてみたいです。

一問一答コーナー

Q あなたにとってプロネクサスとはどんな会社?

成長の機会が非常に多い会社です。社員は専門性の高いプロフェッショナルが多いですが、そういう人たちってどこか教えたがりな側面を持っているんです(笑)。教え好きな人たちに囲まれて仕事をすると、加速度的な成長が実感できますよ。

Q 職場の雰囲気を一言で表すなら?

書類のチェックや資料作成には集中力が必要なので、基本的に職場は静かです。けれど、上司や先輩に話しかけにくいということは全くないですね。集中して仕事ができ、気軽に相談もできる。バランス良く落ち着いた雰囲気の職場です。

Q Y.Hさんが考える「プロフェッショナル」とは?

普通の人からするとどうでもいいことを、ありえないほど深く考える人たちですね。私も、専門外の人から見ると「なんでこの人はこんなに細かいことに、ここまで情熱を持ってこだわっているんだろう?」と疑問を持たれているかもしれません(笑)

Y.Hさんのある一日
09:00 出社・朝礼
10:00 クライアントA社との打ち合わせに同席。法務上の留意点を説明
12:00 帰社・同僚とランチ
13:00 クライアントB社の法定書類をチェック
15:00 クライアントC社の法定書類をチェック
17:00 クライアントD社からの問い合わせに電話で対応
18:00 法改正の解説資料を作成
20:00 退社

コラム: ディスクロージャー相談部の仕事って?

企業のディスクロージャーに必要な法定書類の作成をサポートするのが主な仕事。会社法、金商法、IPO(これから上場を目指す会社をサポートする部署)の3つのグループが、それぞれの領域で専門性の高いサポートを行う。各種法定書類の作成・チェックのみならず、お客さまの疑問に回答するコンサルティング、企業担当者向けセミナーの開催、ガイドブックの制作などにも取り組んでいる。

コラム: 必需品! 私の仕事アイテム

『会社法法令集』は常にチェックしておくべき基礎資料。これがないと仕事が始まりません。『招集通知・議案の記載事例』はディスクロージャー相談部で編集して出版している本。さまざまな企業の招集通知事例が載っています。

先輩・上司の声

外見からはおだやかそうに見えますが、H君はとても男気があって、力強く私をサポートしてくれます。もちろんその仕事には隙がありません。とても頼りにしていますね。
周りの仲間たちからの信頼も絶大で、「分からないことは彼に聞けば安心」という雰囲気さえ出ています。貪欲に知識を習得する意欲も高く、いつのまにかパワーアップしているので、その成長ぶりに驚くことも。彼にはディスクロージャー相談部の将来を背負うリーダーとして、これからの新世代をグイグイ引っ張っていってほしいですね。

ディスクロージャー相談部 会社法グループ サポートチーム チームリーダー M.Sさん