部署をまたいだチームワークが、お客さまの満足につながる

2010年入社
ディスクロージャー事業部
T.Oさん

大手企業を相手に仕事をするやりがい

私が所属しているグループの特徴は、お客さまの中心が大手企業だということ。やり取りをする担当者の方も、重要な役職に就いている方が多いです。普段あまり接する機会がない人たちを前にして、最初は緊張のあまり汗だくになってしまうこともありました。しかし、最近では場数をこなしたおかげか、落ち着いた物腰で話せるようになりましたね。入社当初と比べて、成長を感じている部分です。

大手企業をお客さまに仕事をするやりがいといえば、先進的な取り組みの数々を目にして、こちらも刺激を受けること。例えば、私たちが作成のお手伝いをしている株主総会招集通知にしても、モノクロ印刷が主流だったころから、大手企業の多くがいち早くカラー印刷を取り入れていました。他の企業に先駆けたそうした「意識の高さ」を目にすると、私自身も「もっと勉強して成長しよう!」と触発されますね。

  • 株主総会招集通知:株式会社が株主に向けて、株主総会が開催される旨を通知する文書。その記載事項は法律で細かく規定されている。

頼まれた以上のものを上乗せして提案する

お客さまの言葉で、今でも心に残っているものがあります。それは私の経験がまだ浅く、お客さまの要望に応えるので精一杯だった時期のこと。ある企業の担当者の方がぽつりと「言われたことをやるのは当たり前。ときにはそれ以上のものを見せてほしい」とおっしゃったんです。私の意識が切り換わる、成長のきっかけとなった一言でした。

それ以来、お客さまの要望に対しては、こちらのアイデアをさらに上乗せして提案することを心がけています。例えば、「頼んでいた資料の簡単な台割を持ってきてほしい」と言われたら、より完成品に近い作り込んだものをお届けする。そのような提案をこちらから投げかけていくことが、お客さまと良好な関係を築くためには欠かせないと実感しています。

  • 台割:印刷物のどのページに何を入れるか示した設計図のようなもの。

部署間でのチームワークが必要不可欠

お客さまの要望に最大限応えるためには、日ごろから社内の各部署と良好な関係をつくっておくことも大切です。一つの資料を作成するにも、印刷を担当する部署、デザインを担当する部署など、さまざまな部署のチームワークによって成り立っているからです。

しかし、「良好な関係をつくる」と言っても、仕事をしているうちに「いつのまにか仲良くなっている」というのが本当かもしれません。忙しくて大変な時期を互いにサポートしながら乗り切ると、自然と社内に一体感が生まれているので。プロネクサスは特に、「仕事を通じて、社員と社員がつながっている」ことを肌で感じる機会が多い会社だと思います。私自身も部署をまたいで、仲良くしている社員は多いですね。

所属しているグループでは私が最年少ということもあり、まだまだ周囲にサポートしてもらうことも多いですが、後輩ができたらこれまで培ってきた知識やノウハウをしっかり教えてあげたいですね。今まで周りの人に支えられてきた以上に、今度は自分が後輩を支えてあげることができたらうれしいです。

一問一答コーナー

Q どんな後輩に入ってきてほしいですか?

よくしゃべる人(笑)。プロネクサスには落ち着いていて静かな印象の社員が多く、その中では自分はわりとしゃべる方。なので、一緒にワイワイ盛り上がってくれる人が入ってくれると、楽しそうですね。

Q 円滑なコミュニケーションの秘訣って?

相手のことを知ることはもちろんですが、自分を知ってもらうことも同じくらい大切。私も入社した当初は「これってどういうことですか?」とさまざまな人に自分から話しかけ、相手に自分を印象付けることを心がけていました。

Q 休日はどのように過ごしていますか?

プロネクサスには実はサッカー部があり、私も所属しています。休日にはみんなで集まってサッカーをしたり、終わった後に飲みに行ったりして楽しく活動してますよ。私は比較的プライベートでも、他の社員と一緒に過ごす時間が多いみたいです。

T.Oさんのある一日
09:00 出社・朝礼
10:00 クライアントA社と打ち合わせ
12:00 帰社・同期とランチ
13:00 営業提案資料作成
15:00 クライアントB社にてプレゼンテーション
17:00 帰社
18:00 翌日の資料作成
20:00 退社

コラム: 必需品! 私の仕事アイテム

赤いボールペン。お客さまから預かった原稿に赤字を入れてチェックするので、常に持ち歩いています。一年で一番忙しい時期は、2~3日で1本のボールペンを消費してしまうことも。そんな時期はストックを含め、数本を懐に入れていますね。