「プロネクサス健康経営宣言」

プロネクサスは全従業員の健康保持と増進を図る為、「健康経営宣言」を制定致します。

今後も成長・飛躍し続けるためには、皆様一人ひとりの力が何より必要です。そのため、今まで以上に働く皆様の心と体の健康増進に取り組むべく、健康経営を推進していくものです。

「健康経営宣言」

私たちプロネクサスは、社員の身体と心の健康に配慮することが企業の重要な責務であると考えております。また社員全員がプロフェッショナルになることを目指しており、個人の能力を十分に発揮する為には、心身ともに健康であることが重要です。

そこで健康経営を一層推進すべく「健康経営宣言」を制定致します。

株式会社プロネクサス
代表取締役社長 上野 剛史

主な取り組み

代表取締役社長を健康管理責任者とし、会社、社員、産業医、健康保険組合が一体となって健康保持・増進に繋げるべく以下の重点施策を実行いたします。

①特定保健指導の推進
一人ひとりの健康面の課題を把握し、改善を促すため、定期健康診断後の要検査対象者への指導および精密検査等実施率の向上を目指します。
②健康向上教育の実施
eラーニングや研修を実施し、健康に関するリテラシーの向上を目指します。
③長時間労働の抑制と有給休暇の取得促進
労働時間を正確に把握し、長時間労働を抑制するとともに、有給休暇の取得を促進しメリハリのある勤務を目指します。